FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

めがね

少し、前のお話になります。


それは、

旦那さまが、坂口安吾のような

“めがね” を選んでいた時のことです。


すごく懐かしい声で、

『○○ちゃん!』と、

私の名前を呼ぶ声を聞きました。


びっくりして、顔を上げると・・・


そこには、

小学生の時の、クラスメートが立っていました。


中学に入ってからクラスも変わり、

話す機会もなくなってしまった彼女は、

眼鏡屋さんの店員として働いているそうで、

めがねを掛けていました。


その為か、一瞬、

誰だかわからなかったのですが、

すぐに “Mちゃん” だとわかりました。


お仕事中だったので、

ほんの少しの会話でしたが、


『 ○○ちゃん、去年結婚して、今京都よ 』


というような、懐かしい顔を思い出させてくれる会話。


何だか、とっても、嬉しかったです。


小学生の時の自分と、今の自分。


随分変わったようで、

そんなにも変わっていない事にも

気付かされた時間でした。



話は少し変わりますが、


去年、使っていた手帳がとっても自分に合っていて

今年も、同じ手帳にしました。

1

“ めがね ”マークが

ちょこんと付いている

大人の遊びが感じられるデザイン。


日本の『HIGHTIDE』社製のものです。


去年は、ハードカバーのものがあったので

1
去年の手帳 ネイビー

それを選んだのですが、

今年は、見当たらなかったので、それに。


モレスキンも好きなので、

少し、迷いましたが

やっぱり、使い勝手のよい方に決めました。

1
今年の手帳 ブラック

こちら、売り上げの一部が、

東日本大震災の復興支援に充てられています。


大きな事はできない私には、

嬉しい手帳です。


くたくたになるくらい愛用したいと思います。


“ 1年間、よろしくね ”


スポンサーサイト

2012.10.24 | | コメント(0) | ひとりごと

嬉しい出来事

先日、

お友達のお店の

『mo∴』さんに行きました。


久々だったので、

お話も、いつも以上に楽しくて

ついつい長居をしてしまいました。


yumiさん、

お父さんとスペイン旅行に行っていたそうで、

『新婚さん?』

なんて言われたみたいです(笑)


スペインは建築物も素敵で、歴史ある街・・・


そんな、

スペインのお土産話を聞かせてもらって、

少しだけど、想像する事もできて

何だか、とても楽しかったです。


そうそう、

お土産まで貰っちゃいました。

1



可愛い瓶入りオリーブオイルと、

1



プラド美術館のパンフレット、

1

1

読む事はできないけれど、

とても嬉しいお土産です。

1



そして、

とても素敵な、美術館のカレンダーです。

(こちら、大きさがとてもいいんです。)

1
『ディエゴ・ベラスケス』
女官たち


プラド美術館といえば、

『エル・グレコ』

1
胸に手をあてる騎士


そして、

『ゴヤ』

1
砂に埋もれる犬

ゴヤと言えば、

別荘の壁に描かれた、

14枚の壁画=「黒い絵」が思い浮かぶ。



この『砂に埋もれる犬』も

その1枚。。。


“流れに逆らう犬”とも言われたようだけど、

私には、

運命を受け入れ、その身を委ねたように見える。

それは、もう、

“ 逆らうでもなく、埋もれているのでもない ”

自らの意思のようなもの。


・・・なんて。



絵を見る時の楽しみのひとつは

自由に想像し、

勝手に納得出来る事だと思っている。

たとえ、

それが間違った解釈でも。


もちろん、

その絵が描かれた時代背景や、

画家自信を知ることは

とても大切で、とても必要なことだと思っている。


だけど、

私は専門家ではない。

ただ、絵が好きなのだ。


想像することが好きで、

それが大切だと思っている。


だって、

その絵の、本当の意味を知っている画家は

もう、この世にはいないんだもの。

      ※
      ※
      ※


“ 間違っていたっていいじゃない?

大切なのは、考えること、想像すること ”



次の絵は、

このカレンダーで知ったもの。

『ヨアヒム・パティニール』

1
ステュクス川を渡るカロン

この絵を見たとき、

とても不思議な感覚になった。

それは、

人物の描き方があまりに違うから。


調べてみたら、

この絵は、左右に地獄と天国が描かれていて、

この川は、いわば “三途の川”

カロンとは、

ギリシャ神話の死者の魂を渡す渡し守でした。。。



こんな風に、初めて見た絵もあって

とっても嬉しいお土産。


最初は、

点線から切り取らずに、持っておこうと思ったけど

やっぱり、

使おうと、思い直しました。


終わった月のものは

1

壁に貼ったり、


1

栞にしたり・・・。


今月のものは、

1

机の上に置いて使っています。

1

3月は、

『ボッス』の“快楽の園”

私の好きな画家の1人です。

その空想的で寓意を含んだ絵は、

それだけではない深い意味もあって、

画家本人の人間性を感じるのです。



yumiさん、

“ 素敵なお土産を、ありがとう ”



楽しい旅行中に、

私の事を思ってくれたことが

何だかとっても、嬉しかったよ。


2012.03.15 | | コメント(2) | ひとりごと


1

寒い日が続く、ある日。


雪が、積もりました。

1


こんな日は、

朝の散歩は、お休みしたい。。。


だけど、

ももは、おかまいなし・・・。


覚悟を決めて、

“いちにのさん”で、

玄関の扉を、開ける。



“ 寒い・・・ “ 


だけど、“ 綺麗 ・・・ ”

1


いつもの散歩道が、

1

ふわふわと舞う雪で、とても綺麗。


だけど、

どんどん、強くなる雪・・・。


寒さに負けて、

お家に帰ろうとする、私。

1

だけど、

ももは、もう少し遊びたいみたい(笑)


“ また、夕方行こうね ”


そう言うと、

ももの頭に積もった雪を払って、

空を見上げる。


ももは、そんな私を見上げて

足下をつんつん。


さっき払ったばかりの頭に、

また新しい雪が、積もっていた。



















2012.02.20 | | コメント(2) | ひとりごと

«  | ホーム |  »

プロフィール

saki

Author:saki

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。