FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

記念日

1

7月7日は、

私たち夫婦の記念日。


梅雨が明けていない事と、

雨女の私が外出すると、

必ず、雨が降るということもあって、

今年も、お家で過ごしました。


結婚前から新婚当初は、

記念日の為に、特別な事をしていましたが、

今はもう、いつも通りに、

ほんの少しだけ、

特別をプラスするという感じです。


外出を控えたお陰なのか、

夜空の星を

見る事ができたことも、嬉しいプラスに・・・(笑)


それから・・・

旦那さまから、

素敵な贈り物もいただきました。


それは、

不思議な偶然が重なって、出会った、

とても素敵な絵本。


1


『マールとおばあちゃん』ティヌ・モルティール/作


“ カーティエ・ヴェルメール ”さんの挿絵が、

とても好みで、本当に、うっとりしてしまう。。。


彼女は、これまでに幾つかの本を

出版されているのですが、

1
これもその中の1つ

これが、日本ではじめて、翻訳出版される

絵本になります。


本当に、嬉しい・・・。



1


そして、そこに、

私の好きな、作家さんの1人でもある

“ 江國香織 ”さんの訳された言葉が、

とても、心に響くのです。。。


これから、読んでみたいと思っている方も

おられるかもしれないので、

あまり詳しくお話はできませんが、


人が老いていくという事と、死んで行く事、

理屈では言い表せない、人の可能性。

そして、

それを理解してあげられる心。

そんな事を考えさせられました。


1

今の私は、まだ、本当の老いというものを知りません。

立場としては、おばあちゃんやおじいちゃんではなく、

おかあさんや看護婦さんに近い。


私は、マールのように、

目に表れる様々なこと、

声にならない言葉のかけらを

すくいとる事ができるのかな?


忙しさにかまけて、

自分の事ばかりになっていないかな?


色々なことを考えながら、

最後のページを読み終えた時、


“ 決して全部を理解する事ができなくても、

理解しようとする、気持ちだけは、

失わないようにしなくては・・・” 

と、改めて感じました。


1

大人が読んでも、響く絵本。


とても欲しかったので、

本当に嬉しい。


ありがとう、旦那さま。







スポンサーサイト

2013.07.07 | | コメント(2) | 私ごと

«  | ホーム |  »

プロフィール

saki

Author:saki

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。